ブルゴーニュ風鶏胸肉の赤ワイン煮、すりおろしりんごと共に




ブルゴーニュ風赤ワインの煮込み料理です。


今回はすりおろしりんごを加えてアレンジしました。


長く煮込んだ鶏胸肉は繊維に沿ってホロホロと崩れるほどやわらかく、赤ワインのコク・風味とりんごの甘味のあるソースと絶妙なハーモニーを生み出します。

おいしい赤ワインでぜひ作ってくださいね。





材料(作りやすい分量)

鶏胸肉2枚
玉ねぎ小2個
にんにく3かけ
りんご1個
☆赤ワイン400ml
☆水50ml
☆塩小さじ1
☆砂糖小さじ1
☆ドライオレガノ適宜
オリーブ油大さじ2

作り方

材料を切る
玉ねぎは4つ切りに、にんにくはつぶした後にみじん切りにする。

焼く
鶏胸肉を全体に薄力粉をまぶす。熱したフライパンにオリーブ油を引く。鶏胸肉を全体に焼き目がつくまで焼き、皿に取り出す。玉ねぎとにんにくを加え香りが出るまで炒める。




煮込む
鍋に鶏胸肉を戻し、☆を加える。さらにりんごを皮を剥いてすりおろす。中火で沸騰したら弱火で蓋をして1時間半煮込んで出来上がり。



 

評価

カンタン度
★★★★☆
オイシイ度
★★★★★
オススメ度
★★★★★

0 件のコメント :

コメントを投稿