レンジで本格フワフワ柔らか蒸しパン

レンジで作る蒸しパン


フワフワのやわらかい本格蒸しパンです。ちょっと茶色っぽいのは酒粕と味噌の色。芳醇な香りとコクが加わってとってもおいしいんですよ!


本格的なのに蒸し器じゃなくてレンジで作れます。レンジで作ると結構パサパサになったりと難しいんですけれど、これから紹介する方法で作れば大丈夫。

しかもホットケーキミックスで作れるのでさらに簡単です。


手作りの熱々の蒸しパンを味わってみませんか?


レンジで作る蒸しパンは簡単そうで難しい

マグカップに粉や水を加えてレンジでチンするだけの蒸しパンが以前流行りましたね。

簡単でおいしそう!と思って作ったことがあるんですが、見た目ボコボコ、食べるとパサパサでおいしくなかったんですよ。しかも底のほうは半生だったりと散々な目に合いました。


混ぜてチンするだけという魔法のような簡単さなのに完成された写真と実物はぜんぜん違う!


それ以来レンジで作る蒸しパンはトラウマになり、やっぱり蒸しパンはちゃんと蒸し器で作らなきゃならないんだと思い知らされました。

レンジで作る蒸しパンのリベンジ

蒸しパンなんて今も昔もスーパーやコンビニで買えますがなんだか味気ないんです。


そんなことが言えるのは手作りの蒸しパンのおいしさを知っているから。レンジで失敗してから、蒸し器で何度も手作りしました。蒸し器で作る手作りの蒸しパンは熱々ホカホカで柔らかくて格別のおいしさです。


ブログを通していろんなおいしい料理を紹介したいし作ってもらいたい。それには誰でも作れるような簡単な作り方でないといけないと思ってるんです。この蒸しパンだってそうです。ですが、蒸し器を持っていない人だっているだろうし。

そこで思いついたのはずっと前に大失敗したレンジで作る蒸しパンでした。レンジだって工夫すればおいしい蒸しパンができるはず。


試行錯誤を何度も繰り返してレンジで作れる本当においしい蒸しパンが作れるようになりました。


レンジで作る蒸しパンのコツ

レンジでおいしい蒸しパンを作ろうと試行錯誤して辿り着いたのは、熱湯を使うことです。


マグカップで作る蒸しパンがパサパサになるのは加熱しすぎが原因でした。小さな容器で1分ほど加熱するだけで取っ手も熱々。これじゃパサパサになりますよね。


柔らかい蒸しパンをレンジで作るにはなるべくゆっくりと加熱するのが大切。それには容器を二重にして、その間に熱湯を注いでレンジの加熱を和らげることが重要なんです。


水ではいけませんよ。水で作ると逆に加熱がゆっくり過ぎて膨らみが悪く固い蒸しパンになってしまいますからね!


レンジで作る蒸しパン



材料(直径15cmのボウル1個分)

ホットケーキミックス粉50g
砂糖大さじ2
練り酒粕小さじ1
味噌小さじ1
1個
大さじ1

作り方

蒸しパンの準備をする
直径15cmより2周り以上大き目のボウル(以下ボウルA)を用意し、ボウルAの半分ぐらいの高さ分のお湯を沸かしておく。

蒸しパンの生地を作る
直径15cmのボウル(以下ボウルB)に卵、練り酒粕、味噌、砂糖、水を混ぜる。さらにホットケーキミックス粉を加えて粉気がなくなるまで混ぜる。



蒸しパンを蒸す
ボウルAの中にボウルBを入れ子する。ボウルBの6~7分目の高さまでボウルAにお湯を注ぐ。ラップをして500wのレンジで5分加熱し、1分蒸らして出来上がり。





蒸しパンを取り出す
ボウルBと蒸しパンの間にゴムベラを差し込んで一周させるときれいに取り出せる。

0 件のコメント

コメントする