アボカドが入ったビーフストロノガロフ



牛肉を細く切ってクリームで煮込んだロシアの料理、ビーフストロノガロフ。

この料理の起源は16世紀にも遡ります。当時の貴族、ストロガノフ家のアレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ストロガノフの歯が抜け落ち、肉料理が食べられなくなったことから考案されたそうです。



見るからに濃厚そうなビーフストロノガロフですが、実はサワークリームが入っていてさっぱりと食べやすいのです。

けれどサワークリームはあまり日本ではなじみのない食材ですよね?そこで手に入りやすいヨーグルトで代用して酸味を出しました。


そしてそして今回はアボカドを加えてさらにアレンジを加えました。

アボカドがソースと合わさって口の中で滑らかに溶けていきます。


牛肉も柔らかくおいしい極上の一皿です。






材料(2人分)

牛肉(薄切り)200g
玉ねぎ小1個
アボカド1個
薄力粉大さじ1弱
サラダ油大さじ1
プレーンヨーグルト50ml
生クリーム200ml
小さじ1/4強
コショウ適量
トマトケチャップ小さじ2

作り方

下準備をする
玉ねぎは縦半分に切り、繊維に沿って薄く切る。耐熱容器に移し、ラップをして500wのレンジで3分半加熱する。牛肉は縦5cm、横3cm幅に切りそろえ、薄力粉を薄くまぶす。





材料を炒める
熱したフライパンにサラダ油を大さじ1引く。牛肉をほぐしながら炒める。火が通ったら玉ねぎも炒める。そこで一旦火を止め、アボカドを皮をむいて3cm角のさいころ状に切る。アボカドも加えてさっと炒める。





味付けする
フライパンに生クリーム、トマトケチャップ、塩、コショウの順に加えよく数分煮込む。最後にプレーンヨーグルトを加えたら出来上がり。



評価

カンタン度
★★★★★
オイシイ度
★★★★★
オススメ度
★★★★★

0 件のコメント :

コメントを投稿