簡単福島の郷土料理いかにんじん




福島の郷土料理、いかにんじんを紹介します。

いかにんじんは醤油ベースの漬け汁に短冊切りにしたにんじんと乾燥したイカ(するめ)を漬けた料理です。

パリポリのにんじん、歯ごたえのあるいかにしょっぱめの味付けがおいしいんです。

人によってはさらに切り昆布や白ゴマを加える場合もあります。

白ゴマが入ると風味が増しておいしいので、このレシピでは白ゴマを加えています。





材料(作りやすい分量)

にんじん大1本(150g)
するめ15g
白ゴマ(あれば)小さじ1~大さじ1
料理酒大さじ2
醤油大さじ2
みりん小さじ2

作り方

にんじんを切る
にんじんは皮を剥いて横に半分に切る。幅1cmの板状に切り、さらに1cmの棒状になるように切る。









漬け汁を作る
鍋に料理酒、醤油、みりんを煮立たせる。煮立ったら火を止め、荒熱を取る。



漬ける
ビニール袋に材料を全て入れ、冷蔵庫で1~2日漬けて出来上がり。


POINT
するめはカットタイプを選ぶと便利。1枚ものの場合はキッチンはさみで1cmくらいの幅に切って。


評価

カンタン度
★★★★★
オイシイ度
★★★★★
オススメ度
★★★★★

0 件のコメント :

コメントを投稿