とり胸肉と春巻きの皮のなんちゃって北京ダック




とり胸肉と春巻きの皮で作るなんちゃって北京ダックです。
作り方はとても簡単だし、なんちゃってですが味は本格派。

とり胸肉は薄くそぎ切りしてから焼くことで、早く火が通るようにしました。また、加熱しすぎないことで身が柔らかくおいしくなります。

北京ダックのたれは家にある材料で手作りしました。混ぜるだけで簡単に作れますし、甘しょっぱくておいしいですよ。
甜麺醤(てんめんじゃん)を持っているならばそちらを使ったほうが簡単です。

春巻きの皮はレンジでチンしたら北京ダックの皮みたいになりました。
最初は水に漬ける量や加減が難しいかもしれません。四隅はレンジの熱が通りやすくパリパリになるので、そこだけはしっかりと水で濡らすことが重要です。

家にある調味料や安い食材で作れる北京ダック、「なんちゃって」ですがちゃんとおいしいですよ。是非作ってみてください。 





なんちゃって北京ダックの材料(2人分)

春巻きの皮 10枚
きゅうり 1本
玉ねぎ 1/2個
とり胸肉 1枚
サラダ油 適量
★しょう油 大さじ1
★料理酒 大さじ2
★砂糖 大さじ1
●味噌 大さじ1
●ごま油 大さじ1
●砂糖 小さじ2
●しょう油 小さじ1

なんちゃって北京ダックの作り方

材料の下準備をする。
玉ねぎはまず縦に半分に切り、繊維に沿って薄く切る。水を張ったボウルにさらしておく。きゅうりはへたを切り落として5cmの長さに切り、好みの太さで千切りする。とり胸肉は斜めに包丁でそぎ切りする。春巻きの皮は冷蔵庫から取り出し、室温に置く。





とりチャーシューを作る
熱したフライパンにサラダ油を引き、そぎ切りしたとり胸肉を重ならないように敷き中火で火を通す。とり胸肉に火が通ったら★をいれる。煮汁が半分ほどまで煮詰まったら火から下ろす。



たれを作る
●をしっかり混ぜ合わせる。

北京ダックの皮を作る
春巻きの皮を1枚ずつ剥がす。皮の四隅はしっかりと水で濡らし、それ以外はサッと水で濡らす。平皿に皮を敷き、ラップをせずにレンジで10秒加熱する。

具材を皮で巻く
春巻きの皮にたれを塗り、きゅうり、玉ねぎ、とりチャーシューを好みの量乗せ、巻いて完成。



評価

カンタン度
★★★☆☆
オイシイ度
★★★★★
オススメ度
★★★★☆

0 件のコメント :

コメントを投稿