親切丁寧な炒り米の作り方



炒り米を食べた事はありますか?
カリカリで香ばしくてとってもおいしいんです。
そのままおやつ代わりに食べてもいいし、お料理のトッピングに使ってもいい。
作るのはとっても簡単!炒り米の作り方から、炒り米を活用したレシピまでご紹介します!

炒り米ってなによ?

そもそも炒り米の存在すら知らない方って多かれ少なかれいらっしゃるんじゃないでしょうか。
僕もつい最近まで知りませんでした。
ちょっとだけ炒り米とはなんぞやという事をお話したいと思います。


炒り米は書いた字のごとく、「お米を炒ったもの」です。

炒ってあるので長期保存が可能です。戦時中に携帯食として食べられていたそうです。
お米だから栄養価も高いし、持ち運びに便利だから重宝されてたのかな。


現代で食べてる人がいるのかはわかりませんが(地域によっては習慣的に食べてる所もあるかもしれません)、意外と身近に炒り米は活用されています。

よく飲食店の卓上塩に入っているあのお米です。

炒り米が湿気を吸収してくれるので、塩が固まらずにずっとサラサラのままなんだそうです。
僕がよく行く老舗の喫茶店の卓上塩にもこの炒り米が入っていました。


他には玄米茶の原料にも使われています。
あの独特の香ばしい香りは炒り米によるものだったのです。


炒り米はそのまま食べられますし、もちろん料理にも使えます。
お湯で少し煮込めば雑炊に、サラダのトッピングにしてもおいしいらしいです。


簡単な説明ですが興味が湧いてきましたか?
炒り米を食べる機会はそうそうないので、自分で作るしかないと思います。
ちょっと時間は掛かるけれど、どの工程も簡単なものです。


レシピにはお料理初心者の人にもわかりやすいように写真を沢山載せてあります。ぜひ手作りでしか味わえない炒り米のおいしさを試して欲しいです。



炒り米の材料(作りやすい分量)

生米 30g

炒り米の詳しい作り方

米を入れたボウルに水を注ぎ、すぐに捨てる。これをもう3回ほど繰り返す。また水を注ぎ、今度は捨てないで30分ほどそのまま置く。



ボウルの水を捨てる。ざるに米をあけ、20分ほど乾かす。



フライパンを熱する。火加減は弱火〜中火の間にする。油はひかずに、生米を入れる。


フライパンの底に火が当たるか当たらないかぐらいが弱火。それより少し当たるようにしてね!



時々木べら等で米を揺すり、全体に火が通るようにする。10分程炒り続け茶色くなったら出来上がり。


5分間炒り続けるとこんな感じ。一部のお米が薄茶色に変わってきてるよ。


炒り続けて8分。全体が茶色になりなってきた。あともう少し!


炒り続けて10分。さっきよりも色が濃くなったよ。これで出来上がりです。火傷に注意して食べてみて?香ばしくて、おいしいでしょう!


炒り米を使ったレシピを紹介します!

炒り米がアクセント ズッキーニとマッシュルームのマリネ

評価

カンタン度
★★★★★
オイシイ度
★★★★★
オススメ度
★★★★★

0 件のコメント

コメントする